500万超の高額融資を希望の方

カードローンは「銀行が提供するカードローン」と「ノンバンク(狭義の消費者金融)が提供するカードローン」の2つに分類されますが、特に高額融資を受ける場合には2つの違いを理解しておくことが重要です。


銀行とノンバンクの違い

銀行のカードローンは最大限度額が500万円を超える商品が多く、また銀行は総量規制(年収の1/3までしか借りることができない)の影響を受けないため、500万円超の金額を借りるなら銀行のカードローンが適しています。

ただし、銀行のカードローンはプロミスなどの消費者金融よりも格段に審査が厳しいと言われており、さらに500万円超の借入れができる方は、社会的に信用が高い企業に継続勤務している年収の高い方に限られると考えて良いでしょう。

一方のノンバンクのカードローンの場合、プロミスでは最高500万円まで、アコムやモビットが最高800万円までとなっています。消費者金融は総量規制が適用されるため、プロミスで500万円を借りるためには1500万円以上、アコムやモビットで800万円借りるためには2,400万円以上の年収が必要になります。
※年収以外の要素も加味されて審査されるため、総量規制の要件だけで審査結果が決まるわけではありません。

複数のカードローンで少しずつ借入をして総額500万超にできないのか?

結論から言うとやめた方がよいです

カードローンの審査結果は信用情報機関に登録され金融機関で共有されています。1つ目のカードローンは審査を通るかもしれませんが、2つ目、3つ目と申込んだカードローンについては審査で落ちる可能性が非常に高くなります。それだけでなく、複数のカードローンに申込んだ事実がその審査結果も含めて全て残ってしまします。



最大限度額が高額なカードローン

アコム

  • 借入限度額最大800万円まで
  • 審査回答は最短30分で連絡可能
  • 24時間ネット・ATMで、借入(返済)
  • 3秒診断で借入可能か目安がすぐわかる

⇒ アコムのお申込みはこちら



モビット

  • 限度額最大800万円まで借入可能
  • 金利は3.0%~18.0%
  • WEB完結申込なら電話連絡・郵送物なし

⇒ モビットのお申込みはこちら



イオン銀行カードローンBIG

  • 限度額最大800万円まで借入可能
  • 300万円までなら収入証明書原則不要
  • 業界トップクラスの低金利:3.8%~13.8%
  • 来店不要インターネットで24時間申込み

⇒ イオン銀行カードローンBIGのお申込みはこちら



みずほ銀行カードローン

  • 最大利用限度額1,000万円
  • 200万円までなら収入証明書原則不要
  • 最短即日利用可能
  • 借り換えやおまとめも可能
  • 利用限度額200万円以下の場合、原則、書類提出不要(みずほダイレクト利用者か通帳を用意して申込みされる方限定)


オリックス銀行カードローン

  • 最大利用限度額800万円
  • 300万円までなら収入証明書原則不要
  • 最短即日審査可能
  • 借り換えやおまとめも可能
  • 借入・返済どちらも提携ATM手数料無料


三井住友銀行カードローン

  • 最高800万円まで申込可能
  • 300万円までなら収入証明書原則不要
  • 最短30分で審査完了
  • 最短即日融資可能





その他のカードローンの最大限度額




関連記事

限度額を増やしたい!~増額するための条件とは
カードローンの限度額は最初の審査で決定します。スコアリングと信用情報を重要視した審査により、自分の信用度からはじかれた金額となりますが、最初は…




一つ前のページに戻る

トップページへ戻る




更新日:2017/03/02

このページの先頭へ