カードローンは2種類ある? ノンバンクと銀行のカードローンの違い

利用目的が自由で利用限度額以内なら繰返し借入れできるカードローン。銀行とノンバンクの2タイプに分かれます。
※ノンバンクは預金業務を行っていない金融業のこと。

カードローンのいずれも保証人不要、担保不要、年会費不要で借入ができます。カードローンそれぞれ独自の特徴はありますが、銀行とノンバンクで大きく異なるポイントがあるので比較してみましょう。

ノンバンクって何?

  • ノンバンクとは預金業務を行わず、貸し金業を行っている金融会社のことです。銀行や保険会社からお金を借りたり、社債により資金調達し、お金を貸しています。
  • ノンバンクには大きくは二種類あり個人用と法人用があります。個人用のノンバンクには消費者金融、信販会社、クレジットカード会社があり、貸金業法により規制されています。

    貸金業法には「原則、収入の1/3を超える借入ができない」という決まり(総量規制)というがあります。これにより、1社の借入が50万円を超える、もしくは他社との合計借入額が100万円を超える場合は借入先に収入証明書の提出が義務付けられているのです。
  • ノンバンク以外でお金を借りるなら銀行がありますが、銀行は銀行法の管轄なので(貸金業法の管轄外)総量規制の範疇外となります。そのため銀行では「専業主婦の借入が可能」だったり、「300万円まで収入証明書の提出が不要」と銀行が決めることが可能なのです。この「銀行」には信用金庫、信用組合、労働金庫も含まれます。


ノンバンク

商品名
会社名
カードローン アコム株式会社
プロミス フリーキャッシング SMBCコンシューマーファイナンス株式会社
モビットカードローン 株式会社モビット
キャッシングローン アイフル株式会社

銀行

商品名
会社名
三井住友銀行カードローン 株式会社三井住友銀行
みずほ銀行カードローン 株式会社みずほ銀行
三菱東京UFJ銀行のカードローン「バンクイック」 株式会社三菱東京UFJ銀行
新生銀行カードローン レイク 株式会社新生銀行
オリックス銀行カードローン オリックス銀行株式会社
カードローンBIG 株式会社イオン銀行
楽天銀行スーパーローン(カードローン) 楽天銀行株式会社
ローンサービス 株式会社セブン銀行


銀行とノンバンクの比較

審査

審査の方法はノンバンクでも銀行でも基本的に同じですが、審査の厳しさが大きく違います。最終的には申込者の職業、年収、信用情報の履歴などで決まるため一概には言えませんが、当サイトの一部のノンバンクおよび銀行の審査通過率を比較すると、ノンバンクは銀行の2倍程度の審査通過率となっています。

銀行のカードローンは低金利で一見魅力的ですが、金利の低さに比例して審査は厳しくなると考えた方がよいでしょう。


職業や年収などによる利用者の制限

申込基準については、“本人に安定した収入がある”ことがカードローンでは大前提といったところですが、本人に収入のない専業主婦や学生、また年齢についてもノンバンク・銀行と条件が異なってきます。

ノンバンク
銀 行
年齢は20歳~69歳までが多く、アルバイトなどでも安定した収入があれば申込みが可能というノンバンクが多いです。 例えば、新生銀行カードローン レイクのように70歳までという銀行もありますが、ノンバンクと比較すると年齢幅は狭く20歳~65歳くらいまでが多く、学生については申込めない銀行もあるため確認が必要です。
専業主婦については本人に収入がなければ申込不可となっています。 配偶者に安定した収入があれば専業主婦の場合でも低限度額で借入が可能な銀行もあります。(みずほ銀行楽天銀行イオン銀行など)

即日融資

大手ノンバンクはほとんどが即日融資に対応しています。銀行の場合は、即日審査に対応している銀行が増えてきました。審査も融資実行も数日かかる銀行はまだ多く存在しますが、その銀行口座を持っていれば即日融資も可能なところも多くなってきました。

ノンバンク
銀 行
大手ノンバンクの多くは、平日に限らず土日祝日でも即日融資も可能です。

プロミスのように申込みはインターネットで済ませカードだけを自動契約機で受取るサービスもあります。
カードローンの申込自体にその銀行の口座が必要という銀行も少なくありません。即日融資の条件に口座開設が含まれていることもあります。

みずほ銀行の場合は、口座があればWEB完結申込みで即日融資も可能です。しかも限度額が200万円以下の場合、みずほダイレクト利用者か通帳を手元に用意できれるのであれば、原則書類提出は不要です。

関連記事

即日融資の全知識:タイムリミットと夕方・土日祝日の方法
カードローンにはそれぞれ特徴がありますが、“即日融資ができる”かどうかで消費者金融を選んでいる人も多いようです。プロミスやアコムなどのノンバンクですと、…

利用限度額

利用者が実際に借りられる最大金額は審査によって決定しますが、総量規制により制限されることがあります。ノンバンクは貸金業法により借入総額が年収などの1/3までに制限される総量規制の対象となりますが、銀行は総量規制の対象外です。銀行のカードローンは年収などの1/3を超えても借入が可能ということになります。

ノンバンク
銀 行
利用限度額が最大500万円がほとんどですが、モビットはノンバンクの中で唯一500万円超となる限度額となっています。 利用限度額が最大1,000万円というみずほ銀行のような高額設定の銀行もあります。
みずほ銀行:最大1,000万円
オリックス銀行:最高800万円

関連記事

500万超の高額融資を希望の方
カードローンの場合、最高限度額は500万円という消費者金融がほとんどですが、銀行のカードローンの場合は、最高限度額が1,000万円という高額のところもあります。

金利

金利はノンバンクよりも銀行の方が低くなっています。銀行は低金利ですがノンバンクに比べると審査が厳しい傾向にあります。

ノンバンク
銀 行
4.5%~18.0%程が主流ですが、プロミスは4.5%~17.8%と低めの設定です。 ノンバンクと比較すると低金利ですが、金利幅にばらつきがあります。
みずほ銀行※審査によりプラン決定
[エグゼクティブプラン]:3.0%*~7.0%
[コンフォートプラン]:3.5%*~14.0%
*住宅ローン利用時の-0.5%優遇適用後の金利です。

関連記事

カードローンの金利のしくみと限度額別金利ランキング
カードローンの利用限度額と金利については審査により設定されますが、はじめて契約する方は、限度額が少額で最大金利になることが多いようです。ノンバンクの…

無利息サービス

ある一定期間だけ利息なしでお金が借りられるサービスがあります。大手ノンバンクの中では、初めて契約される方限定で利息なしで利用できるサービスを常に行っています。

ノンバンク
銀 行
初めて契約する方などの条件を満たすと金利なしのサービスが受けられます。利息なしの各サービスで条件が異なります。

プロミスの“30日間無利息サービス”やアコムの“30日間金利0円サービス”は、サービス開始の時期などの条件がそれぞれ異なりますが、30日間は利息が発生せずに利用できます。※Eメールアドレスの登録とWeb明細の利用登録が必要となります。
利息なしやキャッシュバックといったキャンペーン期間限定のサービスが多い銀行ですが、新生銀行カードローン レイクのように2種類の無利息サービスを行っている銀行もあります。

レイクでは“30日間無利息サービス”や“5万円まで180日間無利息”など初めて契約する方を対象とした利息の付かないサービスを提供しています。

関連記事

条件次第では金利ゼロ!
消費者金融の中には、条件次第で無利息で借りられますが、注意しないと無利息にならないことも。条件をよく確認してから、上手に借りて得しましょう。…

ATM手数料

ノンバンク、銀行共に自社ATM手数料は無料ですが、提携ATMについては、完全に手数料無料やグループ会社のATMなら手数料無料というところもあります。

ノンバンク
銀 行
自社のATMなら借入・返済とも手数料無料がほとんど。
プロミスはプロミスATMと三井住友銀行のATMも無料としているノンバンクが多い。
提携先ATMは手数料がかかる銀行がある中、オリックス銀行は借入れ・返済ともに提携ATM手数料が終日無料です。

関連記事

ATM利用手数料って無料!?会社別ATM手数料
カードローンで借入をする時、カードローンカードを利用してお金を引き出す方が多いと思います。 どこのカードローンでも自社のATMであれば手数料無料ですが、…

普通預金口座の有無

銀行でお金を借りる時にその銀行の「普通預金口座を所有」を条件にしているところがあります。申込みの時には口座は必要ないのですが、契約までに新規開設を要件とする銀行は口座開設手続きで融資までの時間がかかってしまいます。

その点ノンバンクは普通預金口座がもともと無いため銀行と比べて気軽に利用できます。

ノンバンク
銀 行
普通預金口座が無いので条件にならない みずほ銀行:申し込みは口座不要 ⇒ 利用までに口座開設が必要です。
楽天銀行:楽天銀行の口座がなくても契約可能 ⇒ 契約者が指定する口座を利用できますが、金融機関により返済日に制限があります。



銀行はノンバンクより貸し倒れの少なそうな人を対象にしているため、金利が低く、最大限度額が高い商品を提供している印象があります。一方ノンバンクはすぐに借りたい人、お得に借りたい人向けにサービスを強化しているので根強い人気です。

ここでは触れていない各カードローン特有のサービスもあります。ノンバンクについてはこちらのページ(一部銀行のカードローンも紹介あり)、銀行のカードローンについては銀行のカードローン特集のページで詳しく紹介しています。







一つ前のページに戻る

トップページへ戻る




更新日:2017/03/02

このページの先頭へ