定期預金などを担保に当座貸越で借りる

カードローン以外でお金を借りる方法はいくつもあります。銀行に自分が預けているお金を担保にお金を借りることができる当座貸越もその一つです。 この当座貸越はいったいどのようなものなのでしょうか。当座貸越の利用方法も含めて解説します。


当座貸越の融資とは

主に個人事業主や企業が小切手などの決算に利用するのが「当座預金」です。個人の預金口座は普通預金ですが、定期預金や積立預金も一冊でできる口座が総合口座です。

貸越しは、もともと当座預金をしている人が残高よりも多い融資を受けることですが、総合口座の自動融資のことも当座貸越と言われています。

当座貸越は、普通預金の残高が0円になった際に、総合口座の定期預金などが担保となり自動融資され、銀行からお金が借りられる制度のことをいいます。

    【当座貸越の特徴】
  • 担保は、定期預金・貯蓄預金・公共債など
  • 担保金額の80~90%で最高貸越限度額か借入可能
  • 利息がかかる

担保について

定期預金や貯蓄預金、公共債が担保となります。既に総合口座に預入されているものが対象となります。

金利について

当座貸越は定期預金の金利に0.5%を上乗せした金利となっている場合が多いです。定期預金が10年ものだとその当時の金利が0.5%だったとしたら、1.0%でお金を借りられることになります。カードローンよりも低金利での借り入れができるので、定期預金などがある方にはオススメと言えます。

当座貸越を使うには

定期預金や公共債など普通預金以外の担保が必要となります。そのため、カードローンのような審査はありません。総合口座で当座貸越ができるようにしておくだけです。あとは、普通預金の残高がなくなった時点で自動的に融資されるシステムになっています。

いくらまで借りられる?

定期預金と公共債を担保とした自動融資(当座貸越)は、定期預金の合計が80~90%(上限200万円)・公共債の合計80~90%(上限200万円)、合わせて上限400万円となっている銀行が多いようです。

三菱東京UFJ銀行
    【自動借入限度額】
  • 定期預金:預金合計の90%、最高200万円
  • 公共債:額面合計の90%、最高200万円
  • ※自動借入れは定期預金と公共債の合計最高400万円まで。

三井住友銀行

貸越限度額は、下記の1と2の合計最高400万円まで。

    【貸越限度額】
  1. 定期預金と積立型預金:合計の90%、上限200万円
  2. 国債など公共債:利付債と割引国債の合計で上限200万円
    ・利付債(国債・地方債・政府保証債)…額面合計の80%の金額
    ・割引国債 …額面合計の60%の金額

みずほ銀行
    【貸越極度額】
  • 定期預金:預金の合計90%、または最高200万円
    ※どちらか少ない金額(1,000円未満は切捨)

返済する時には

普通預金が残高0円でも利用できるため、普通預金に入金しないでいると口座がどんどんマイナスになっていきます。自分の総合口座から出金しているので、「銀行に借金をしている」という意識が薄くなりますが、借りている以上、返済する必要がありますし、利息の支払いも付いてきます。

返済方法は?

自分の口座へ入金するだけです!マイナスが消えていくと同時に当座貸越の返済ができます。給与の振込口座などにしている場合は返済完了までが短期間で済みます。

利息は、一般的に年2回、半年に1回ペースです。金利については各銀行で異なるようですが、定期預金が担保の場合で定期預金利率+0.5%となっている銀行もあります。


三菱東京UFJ銀行

普通預金に入金すると自動的に返済されていきます。

    【利息】
  • 定期預金:約定利率+0.5%
  • 公共債:店頭表示利率
  • ※毎年2月と8月にある普通預金利払い日に、普通預金口座から利息が引落しとなります。

三井住友銀行

普通預金に預入か振込されると自動的に当座貸越の返済に充てられます。定期預金の解約などで担保の残高が0となった際はその時点で貸越元金の返済となります。

    【利息】
  • 定期預金と積立型預金:約定利率に0.50%を上乗せした利率(変動金利)
  • 国債など公共債:店頭表示利率(変動金利)
  • ※利息は、利息決算日の翌日に普通預金口座から自動引落しされますが、定期預金の解約等による担保の残高が0となった際は、その時点で貸越利息の支払いとなります。

みずほ銀行

返済方法は、総合口座普通預金への入金による自動的返済です。
2月と8月の利息決算日までの利息を支払います。利息決算日の翌営業日に総合口座普通預金残高から払い出すか、貸越残高に組み入れとなります。もし、総合口座の解約や担保の定期預金残高が0円だった場合は、その時点での支払となります。

    【利息】
  • 利息:担保定期預金の利率に年0.5%を加えた利率
  • ※期日指定定期預金:2年以上適用利率、据置型定期預金:5年預入時の適用利率

当座貸越はお得なのか?

お金を借りれば当然利息が付きます。利息を払いたくないのであれば、定期預金の解約を考えても良いでしょう。ただ、借りたい金額が少額の場合、定期預金を解約すると損をするケースもありますので、どちらがお得なのかを検討して決めるべきでしょう。

当座貸越のメリットとデメリット

    【メリット】
  • 定期預金をしているだけで融資が可能
  • 特別な審査がない
  • 借金をする必要がない
  • 【デメリット】
  • 定期預金などの担保がある人限定
  • 定期預金開始時期の金利が高い場合は当座貸越の金利も高くなる

定期の解約

低金利が続いている時期なら、担保となる定期預金の金利に0.5%を上乗せされても大きな利息にはならないため、定期預金を解約することなく当座貸越を利用した方がお得と言えます。

ただ、定期預金の金利が高い時期に預入を開始したものについては、当然、当座貸越の金利も高くなりますので、定期預金の金利次第では解約したほうがお得です。

当座貸越を利用する

当座貸越は、普通預金口座の残高不足時に自動的融資をしてくれるため、公共料金の引落しなどや少額利用の場合は、とても便利ですし利用した方がお得です。金利が高い時期に預けた定期預金を担保としなければ、利息も少なくて済みます。



自動融資

普通口座の残高が不足している時でも、自動的融資により口座引落されていることがあります。これは、銀行のカードローンのサービスによる自動融資ですので、カードローンの契約をしている方しか利用できません。この自動融資は、カードローン口座から借入をしてくれている状態となりますが、公共料金などの引落時に融資を受けられるのは有難いサービスと言えます。

まとめ

このように当座貸越は非常に低金利で借りることができて、しかも手続きの手間が少ない借入です。当座貸越で借入ができる人は消費者金融に頼らない方がおすすめです。一方、当座貸越は誰でも借入ができるわけではなく、利用限度額もそれほど大きくありません。

やむを得ず消費者金融で借りることが必要な場合は、消費者金融ランキングで各カードローンの特徴を紹介していますので参考にしてください。当座貸越や消費者金融以外の借入については以下の関連記事も参考にしてください。


関連記事

審査なしの生命保険契約者貸付
ちょっとしたお金が必要な時の調達方法としてカードローンやクレジットカードのキャッシングがあります。カードローンやキャッシングはお金の使い道に …
不動産を担保に低金利で高額融資
不動産を担保とすると低金利で高額融資が可能です。不動産担保ローンのメリットとデメリットをおさえてより有利なローンを選択しましょう。…
リバースモゲージで豊かな老後生活を
老後生活を充実させるために自宅を担保に融資してくれるリバースモゲージの利用方法と注意点について…
条件次第では金利ゼロ!
消費者金融の中には、条件次第で無利息で借りられますが、注意しないと無利息にならないことも。条件をよく確認してから、上手に借りて得しましょう。…




一つ前のページに戻る

トップページへ戻る




更新日:2017/03/29

このページの先頭へ