信用情報機関とは?

銀行や消費者金融、信販会社などへ申込みをすると必ずあるのが審査です。
審査に関しては各社基準を設けていますが、審査に共通しているのは“個人の信用取引に関する情報をチェックする”こと。

個人の信用とはクレジットカードや様々なローンなどの契約や返済に関する利用履歴などのことをいいますが、氏名・年齢・年収・勤務先情報などの属性と共に3つの信用情報機関へ登録されています。消費者金融などの加盟会社は審査の際に信用情報機関へアクセスし客観的な調査を行います。

信用情報機関が情報を交流管理することにより、正確な個人の信用力を把握し、迅速な与信で返済能力に応じた契約ができるようになります。また、返済能力を超えた借入が招く多重債務や自己破産などを未然に回避できるような役割があります。



3つの信用情報機関

株式会社シー・アイ・シー(CIC)

クレジット会社の共同出資により設立され、ほとんどのクレジットカード会社が加盟。割賦販売法・貸金業法に基づく指定信用情報機関としての指定されています。

保有する信用情報

ローンやクレジットカードに関する申込情報/クレジット情報/利用記録が登録され、情報種類ごとに登録機関があり期間が過ぎれば自動的に抹消となります。この他、本人申告情報/貸金業協会依頼情報/電話帳掲載情報などの独自収集情報も登録されています。

⇒ シー・アイ・シーに関する詳細はこちら


株式会社日本信用情報機構(JICC)

主に消費者金融でも紹介しているノンバンク(貸金業者)、信販系の信用情報機関。貸金業法で定められた指定信用情報機関に指定されています。

保有する信用情報

消費者金融など会員会社から提供された、本人特定情報/契約内容/返済状況/取引事実/申込情報が登録。その他の情報として、電話帳記載情報/本人申告コメント/日本貸金業協会情報などが登録され、それぞれ一定保有期間があります。

⇒ 日本信用情報機構に関する詳細はこちら


全国銀行個人信用情報センター(KSC)

全国銀行個人信用情報センターとして銀行と銀行系クレジットカード会社が加盟。

保有する信用情報

全国銀行個人信用情報センターでは、取引情報/会員記録/不渡情報/官報情報/本人申告情報が登録され、登録期間経過後に自動的に削除されます。

⇒ 全国銀行個人信用情報センターに関する詳細はこちら




関連記事

消費者金融・カードローンの審査でよくあるミスとは?
審査通過にはその人個人の信用情報などが重要視されますが、申込をした段階でその信用情報を操作するなどといったことはできません。では審査通過するための …
年収と総量規制の関係は?
給料日前やどうしても早急にお金が必要な時、即日融資ができる“消費者金融でお金を借りよう”と思いつくのではないでしょうか。今の消費者金融は、安定した …
審査項目のすべて
“最短30分のスピード審査”や“最短即日融資可能”などとカードローンの申込から融資までの時間が早いことは当たり前になってきていますが、もちろん審査結果 …
審査に落ちてしまったら一度チェックしてみませんか?
カードローンや住宅ローンの審査に落ちてしまった!収入も職業も勤続年数だって普通なら審査に通ると思うのに。なぜ審査に落ちてしまったのか? 特に心当たりが …




一つ前のページに戻る

トップページへ戻る




更新日:2017/03/24

このページの先頭へ