JCB CARD LOAN FAITH(カードローン専用カード)のすべて

JCB CARD LOAN FAITHの申込方法、借入方法や返済方法...さらに利息はどれくらいなのか、審査に必要な書類にはどんなものがあるのか、といったこともあわせて解説します。

現在信販会社のJCBですが、主にクレジットカードサービスを行っています。ローンカードについては、JCB CARD LOAN FAITHの1種類のみです。以前は、「JCB firstloan+」というローンカードもありましたが、現在募集を停止中です。

当ページのコンテンツ



JCB CARD LOAN FAITHの基本情報

  • 商品名:JCB CARD LOAN FAITH
  • 融資可能額:キャッシング1回払い5万円まで、キャッシングリボ払い:50万円から500万円まで
  • 契約額:希望の限度額融内でJCB CARD LOAN FAITHが決めた金額
  • 借り入れ利息率(実質年率):キャッシング1回払い5.0%、キャッシングリボ払い4.4%から12.5%
  • 遅延損害金(実質年率):20.0%
  • 借り入れ方法:CD、ATMによる引き出し、キャッシング振り込みサービス(電話、インターネット申し込み)
  • 即日融資:なし
  • 返済方法:支払い口座からの自動振替(引き落とし)、ATM支払い
  • 返済方式:残高スライド元金定額払い、毎月元金定額払い、まとめ払い、キャッシング1回払い
  • 返済期日:毎月10日
  • 返済期間:残高スライド元金定額払いで500万円借り入れた場合は最長で145ヶ月(145回払い)
  • 申し込み対象者:20歳から58歳であること、勤めており毎月安定した収入であること(個人事業主不可)(学生、パート、アルバイト不可)、現在の借入額合計が年収の3分の1を超えていないこと(住宅ローン、自動車ローンを除く)
  • 融資金使途:原則自由(事業性資金としての利用は不可)
  • 担保・連帯保証人:原則不要
  • 年会費:無料

はじめてのJCB CARD LOAN FAITH

申し込みから審査、契約、カード発行まで

審査の申し込み方法はオンラインに統一されています。インターネットから申し込みを行うと、申し込み内容を確認する書類と返信用封筒が届きます。申込はオンライン対応なので、24時間365日いつでも利用可能です。ただし、JCB CARD LOAN FAITHでは即日融資は実施していません。

必要書類に記入を実施して、本人確認書類や収入証明書類を同封して返送します。

※少しでも早く審査を受けたい場合には、申し込み内容を確認する書類と返信用封筒をPDFファイルでダウンロードも可能です。そちらを印刷して記載し、郵送することで融資までの時間短縮が狙えるのです。

書類が届いた時点で、JCBが審査に入ります。審査が通った場合はカードが発行され、1ヶ月ほどであなたの自宅にカードが届きます。前述したように、PDFファイルなどを利用すれば、申し込みから最短10日程度でカードが届くこともあります。

利用

借り入れは、全国の提携しているCDやATMを利用することが可能です。また、ネットや電話申し込みによる振り込みも実施しています。振り込みに関しては申し込む時間帯によって、振り込まれるまでにかかる時間が異なります。

返済は、指定した支払い口座からの自動引き落としが毎月10日に実施されます。余裕がある時に多く返済したい場合には、ATMを利用した返済方法も利用可能です。


即日融資

即日融資は実施されていません。

JCB CARD LOAN FAITHでは、審査を受けるまでに必ず郵送を挟むことになります。振り込みサービスを実施していますが審査が行われるまでに日数を要してしまうのです。

カードが届くまでは最短で10日、通常で1ヶ月ほど要します。すぐに借り入れをしたい、説いた場合には、残念ですがJCB CARD LOAN FAITHの利用は適していません。


申し込み条件と必要書類

JCB CARD LOAN FAITHでは、他のキャッシングサービスと収入証明書類の取り扱いが変わっています。いくらの限度額設定になったとしても、必ず提出しなければなりません。前もって用意しておく必要があります。

必要書類だけでなく、申し込み条件にも大きな特徴があるので必見です。

申し込み条件

  • 年齢・・・20歳以上58歳以下であること
  • 収入・・・本人に毎月安定した収入があること(アルバイト、パート、学生は不可)
  • 総量規制に抵触していないこと

年齢が低めに設定されているところがまず大きな特徴です。60代の利用はできない設定となっているのです。年齢層の条件は厳しくなっています。

収入条件に関しては、金額の指定はありません。しかし、収入があったとしても、アルバイト・パート・学生・個人事業主の利用は不可とされているのです。個人の給与収入を示す書類を持っていない方の利用はできません。

総量規制とは「年収の3分の1を超える借り入れはできない」とするものです。JCB CARD LOAN FAITHは信販ローンとなるので、規制対象内となります。仮に、450万円の年収が合ったとしても151万円の借り入れがあれば年収の3分の1を借り入れているので、新たな借入はできないのです。

※住宅ローンや自動車ローンに関しては、総量規制の範囲外となります。一般的には消費者金融や信販業者からの借金額が、年収の3分の1に届いているかが問題となってきます。
※本人に収入があることが求められるので、専業主婦も利用出来ません。

必要書類

本人確認書類

書類を郵送する時に、必ず必要となります。本人確認書類は写しで構いません。外国籍の方であったとしても、在留カードなどがあれば本人確認書類としての利用が可能です。

本人確認書類
  • 運転免許証の写し
  • 運転経歴証明書の写し
  • パスポートの写し
  • 在留カードの写し
  • 特別永住者証明書の写し、など

基本的には、本人確認書類の提出は上記のうち1点だけで構いません。

収入確認書類

書類を郵送する時に、提出が必須となります。数十万円など低い限度額で構わない、といったケースであっても提出が求められます。審査のための必須の書類とされているのです。

あなたの収入が確認できるタイプの書類の写しが収入確認書類に該当します。

収入確認書類
  • 源泉徴収票の写し
  • 課税証明書の写し
  • 給与明細書の写し、など

上記のうち1点だけの提出で構いません。

支払い用口座情報を確認出来る書類

支払口座を指定するための確認書類も必須となります。

口座確認書類
  • キャッシュカードの写し
  • 預金通帳の写し、など

申込み手続きの流れ

JCB CARD LOAN FAITHの申し込みは非常にシンプルで、オンライン申し込みのみ用意されています。電話申し込みや店頭申込には対応していません。

しかし、申し込みを行った後は郵送対応が多くなる、といった特徴もあります。その結果、申し込みからカードが届くまでに1ヶ月近い期間を要してしまうのです。

インターネットからの申し込み

24時間365日、ネットが接続できるところからであれば、いつでもどこでも申し込みができます。JCB CARD LOAN FAITHのページより「カードを申し込む」ボタンをクリックして、各種情報を確認して下さい。規約情報もチェックできるので、目を通しておくべきです。

申し込みフォームについては、それほど細かな情報を記すことはありません。

オンライン申込時に記載する情報例
  • 名前
  • 住所など

申し込みが終わると、必要書類の受け取りがあります。

必要書類の受取方法

二つの方法が選択できます。

  • 書類の郵送受け取り
  • ホームページ上からPDFファイルとしてダウンロードする

少しでも早くカードを取得して借り入れを利用したい場合には、ホームページ上からPDFファイルをダウンロードして下さい。郵送されてくる期間をカットできるので、借り入れ可能までの機関を短縮できます。

急ぎでない場合は、書類の郵送受け取りで構いません。書類の中身は申込内容を確認する書類、さらに返信用封筒などが入っています。

必要書類の返送

返送は郵送を利用することになります。必要書類に必要事項を記入し終えたら、本人確認書類や収入証明書類を同封します。

すべての書類が入っているかを確認し、必要事項の記入に問題がないかをチェクしたうえで返送しましょう。

審査の開始

必要書類が到着してからJCBにて審査の開始が行われます。ここまでかなりの日数が経っているわけですが、借り入れまでにはもう少しの日数がかかります。

審査が突破したら次の段階に進みます。審査に落ちてしまった場合は、この時点で終了となり、借り入れはできません。

※短期間での再度の申し込みはお勧めできませんが、半年後や1年後に再び申し込みをして突破できた例はあります。

カードの発行

審査が突破したらカード発行となります。カードが郵送されてくるので、それなりの時間がかかるので注意して下さい。

ここまでで通常1ヶ月程度かかります。近年のキャッシングは早期の融資が流行っているわけですが、JCB CARD LOAN FAITHはカード発行まででもかなりの時間がかかってしまうのです。

カードが到着して受け取った時点から利用は可能になります。

申込手続きの簡単な流れ
  • インターネットから申し込み
  • 必要書類を受け取る(郵送受け取りorPDFファイルによる受け取り)
  • 書類の必要事項に記入する
  • 必要書類を本院確認書類や収入小径書類を同封したうえで返送する
  • JCBに書類が届き、審査が実施される
  • 審査突破
  • カードが発行され郵送される
  • カードが届いたらカードを使った借り入れが可能になる

借入れ

JCB CARD LOAN FAITHの審査を問題なく突破し契約が終了してカードが発行されると、借り入れ利用が可能になります。借り入れ方法は、「全国のCDとATMを利用した引き出し」と「キャッシング振り込みサービス」の2つがあります。

CDとATMを利用した借り入れ

JCB CARD LOAN FAITHは全国各地にある15万台以上のATMやCDでの借り入れが可能です。コンビニに設置してあるATMが利用できるケースも多く、24時間の借り入れ利用ができます。

JCB CARD LOAN FAITHのカードと4桁の暗証番号があれば、利用可能額の範囲内でお金を引き出せます。

借り入れ利用ができるATM例
  • セブン銀行ATM・・・セブン-イレブンなどに設置
  • E–netの銀行ATM・・・ファミリーマート・サークルKサンクス・ミニストップなどに設置
  • 三井住友銀行ATM@BANK・・・ファミリーマート、三井住友銀行などに設置
  • BankTimeの銀行ATM・・・サークルKサンクスなどに設置
  • イオン銀行のATM・・・ミニストップ、イオンなどに設置
  • ローソンATM・・・ローソンに設置

他にも埼玉りそな銀行や三井住友信託銀行、みずほ銀行三菱東京UFJ銀行、さらにゆうちょでも利用可能です。

24時間対応のATM例
  • セブン-イレブン設置のもの
  • ファミリーマート設置のもの
  • 三井住友銀行設置のもの
  • 三菱UFJ銀行設置のもの

※24時間いつでも借り入れ可能なATMですが、午後11時50分からよく午前0時10分までの20分間は引き出しできません。

キャッシング振り込みサービスを利用した借り入れ

カード利用代金支払い口座へ最短数十秒で振り込んでくれるサービスです。ただし、申し込み時間帯によっては、振り込みまでに時間がかかることもあります。

振り込み依頼方法は、以下の2つです。

  • インターネット
  • 電話

電話を使った振込依頼の場合には、キャッシングリボ払いしか利用できません。キャッシング1回払いを振り込み利用で選択したいのであれば、インターネット依頼を利用しましょう。

インターネット依頼は、会員専用WEBサービスの「MyJCB」を利用することになります。登録は無料で利用は簡単です。利用金額がいつでも確かめられる、といったメリットも有ります。利用可能残高のチェックもできるのです。

振り込み利用に関しては、手数料無料となっています。

振り込みサービスの申し込み時間と振り込み時間】

申し込み受付時間 振り込み時間
平日の午前0時から午前8時59分 当日の午前9時以降で20分以内
平日の午前9時から午後2時30分 インターネットからの申し込みのケースは数分後(最短数十秒)

電話からの申し込みのケースは20分程度
平日の午後2時31分から午後11時59分 翌営業日の午前9時以降で20分以内
土・日・祝日の午前0時から午後11時59分 翌営業日の午前9時以降で20分以内

借り入れ時の利息の目安

利用限度額

JCB CARD LOAN FAITHは、利用限度額の範囲内であれば繰り返しの借り入れが可能です。ただし、キャッシング一括払いに関しては、個別の限度額として50,000円が設定されています。キャッシング一括払いを選択した場合には、50,000円以下の利用しかできません。

通常の利用限度額設定は、キャッシングリボ払いが50万円から500万円までで、キャッシング1回払いは50,000円まで、となります。それぞれの利用限度額まで何回も利用できるます。

仮に、利用限度額が150万円であった場合ですが、50万円借り入れすると残りの枠は100万円です。しかし、借金元金を40万円返済すれば、枠が140万円まで回復する、といった状態になるのです。

利息

借り入れ利率(実質年率)は、キャッシング1回払い5.0%、キャッシングリボ払い4.4%から12.5%となります。非常に低額に設定されており、銀行カードローンよりも最高金利が低い、といったところが大きな特徴です。

利息については借り入れしている日数にかかってきます。借入期間が短ければ短いほど、返済金額が少なくなるのです。JCB CARD LOAN FAITHでは、繰り上げ返済も受け入れており、利息金をカットすることも出来ます。

【利息の計算式】利息=借金残高×借入利率÷365日×利用日数

たとえば、

  • 借金残高・・・45万円
  • 借り入れ利率・・・12.5%
  • 利用日数・・・30日

上記のケースで借り入れしていた場合には、【450,000円×12.5%÷365日×30日】といった計算式が成り立ちます。

計算結果は、【4,623.28767123・・・】円となります。割りきれませんが、端数は切り捨てとなるので、この場合の適用金利は「4,623円」となるのです。

※4年に1回のうるう年の時は、365日ではなく366日として計算します。

利息については、利用可能額設定によって違いがあります。

利用可能額設定と借り入れ利率~キャッシングリボ払い~
利用可能額 利率
50万円から149万円まで 年利12.5%
150万円から249万円まで 年利10.5%
250万円から359万円まで 年利8.0%
350万円から399万円まで 年利6.9%
400万円から499万円まで 年利6.2%
500万円 年利4.4%
利用可能額設定と借り入れ利率~キャッシング1回払い~
利用可能額設定 借入適用利率
50万円から149万円まで 年利12.5%

※2015.10.8現在

利用可能額の設定が高くなればなるほど、年利が低くなって有利な借り入れができることがわかります。ただし、最高年利12.5%が上限というのは圧倒的低いです。ここまで有利な貸し出しをしてくれる業者はなかなかありません。

遅延損害金

実質年率は20.0%に設定されています。遅延損害金は、支払いに遅れが出た時に設定される、特別な利息です。通常の金利設定より高くなっているので注意しなければなりません。遅延状態が続いてしまうと、強制退会になり、一括返済を求められることもあります。


返済

JCB CARD LOAN FAITHでは、「口座からの自動振替(引き落とし)」と「ATMやMyJCB、さらに電話を利用した支払い」の2つの方法があります。通常の支払いは、口座からの引き落とし対応となり、繰り上げ返済などをするときはATMやMyJCB、さらに電話を利用した支払いをします。

毎月の返済額

キャッシングリボ払い

  • 残高スライド元金定額払い
  • 毎月元金定額払い

上記2つのうちいずれかを選択できます。入会時には、残高スライド元金定額払いが設定されています。毎月元金定額払いをしたいのであれば、変更手続きをする必要があります。

  • 残高スライド元金定額払い:締切日の残高によって支払元金額が変動する
  • 毎月元金定額払い:毎月一定額の元金を支払う(利用可能枠による最低返済額元金が設定されている)

キャッシング1回払い

返済日に利用した金額を支払います。キャッシング1回払いに関しては、50,000円までの利用しか出来ません。

50,000円以内の利用で、返済日に利息を含んだ元金分を一括返済することになります。利息は、5.0%に設定されています。

たとえば、

  • 借入金額・・・30,000円
  • 借り入れ利息率・・・5.0%
  • 利用期間30日

以上の条件でキャッシング1回払を利用したとすると、該当機関の利息金は「123円」です。30,123円が支払総額金額となります。

キャッシング1回払の返済期間は、23日間から56日間に設定されています。毎月15日に締め切り、翌月の10日(休業日の場合は翌営業日)に一括で支払います。

キャッシングリボ払いにおける残高スライド元金定額払い
利用残高 支払元金
50万円 15,000円
50万1,000円~100万円 20,000円
100万1,000円~150万円 25,000円
150万1,000円~200万円 30,000円
200万1,000円~250万円 40,000円
250万1,000円~300万円 50,000円
300万1,000円~350万円 60,000円
350万1,000円~400万円 70,000円
400万1,000円~450万円 75,000円
450万1,000円~500万円 85,000円
キャッシングリボ払いにおける毎月元金定額払い
利用可能枠 最低返済元金
18万円まで 5,000円
19万円~60万円 10,000円
61万円~120万円 20,000円
121万円~180万円 30,000円
181万円~240万円 40,000円
241万円~300万円 50,000円
301万円~360万円 55,000円
361万円~420万円 60,000円
421万円~500万円 70,000円

残高スライド元金定額払いの場合は、借金残高が多いと毎月の支払い額も大きくなります。その代わり、返済が進んで残額が少なくなれば返済額も少なくります。

毎月元金定額払いの場合は、毎月の返済額は利用可能枠に変動がなければずっと一緒です。たとえば、100万円の利用枠であれば、返済が終了するまで20,000円+利息金を支払い続けていくことになります。

どちらのほうがお得に感じるかは人それぞれですので、自分にあったより返済しやすい支払い方法を選択しましょう。

支払い口座から自動振替による返済

毎月10日(休業日である場合は翌営業日)に、支払口座から返済額が引き落としとなります。自動的に返済が実施されるので、特にしなければならないことはありませんが、事前に返済額の確認と返済該当額が口座に入っているのかの確認は実施して下さい。

月々の返済額の確認方法

オンライン会員サービスの「MyJCB」の「カードご利用代金明細照会」画面で確認ができます。また、MyJCBを利用していないのであれば、送付される「カードご利用代金明細書」で確認できます。

ATMやMyJCB、さらに電話を利用した支払い

キャッシングリボ払を行う時に資金に余裕が出てきたのであれば利用残高を繰り上げ返済(まとめ返済)が可能です。

  • ATMでの支払い
  • MyJCBによる引き落としの設定
  • 電話による引き落としの設定

上記のいずれかの方法を選択できます。早めに返済が終わることになるので、その分の利息金もお得になる、といった特徴があります。

キャッシング利用後リボ払い

キャッシング1回払利用分を、キャッシングリボ払いへ変更することが出来ます。「キャッシング利用後リボ払い」に登録することで、一括払いから分割払いへと変更されます。

たとえば、30,000円をキャッシング1回払いで利用すると、返済日に30,000円+消費税がかかるります。一方で、キャッシング利用用語リボ払いに登録すれば1回払ではなくリボ払いへとシフトされ、月々の返済額の負担が軽くなる、といった状態になります。

ただし、1回払いとリボ払いでは利息にも違いがあり、リボ払いのほうが利息金は高くなってしまうので注意してください。


サービス

JCB CARD LOAN FAITHでは各種サービスを実施しています。審査系サービスやシミュレーション系サービス、さらにオンライン会員サービスを中心に解説します。

簡易審査シミュレーション

本審査ではありませんが、僅かな情報であなたが審査に突破できるかを判断してくれます。審査結果は100%ではありませんが、借り入れできる状況か判断できる優良コンテンツです。

簡易審査シミュレーションはホームページ上に設置されており24時間365日いつでも利用可能です。利用登録をする必要はなく誰でも利用できます。

簡易審査シミュレーションに入力する情報
  • 年収・・・◯◯○万円
  • 他社借入額・・・◯◯○万円(ショッピング枠の利用、受託ローン、自動車ローンを除いた額を記入)(借り入れがないときは「0」を記入)

以上の二つの情報だけを入力すればよいのです。

以下の2つの審査結果が表示されます。

  • シミュレーション結果
  • 最大融資可能額

審査結果例としては下記のような結果が示されます。
「年収300万円、他社借入額0万円のケース」

  • シミュレーション結果・・・融資可能
  • 最大融資可能額・・・100万円

「年収450万円、他社借入額200万円のケース」

  • シミュレーション結果・・・融資不可能

要は、総量規制(年収の3分の1を超える貸し出しはできない)を確認するためのコンテンツです。年収の3分の1を借りていないのであれば「JCB CARD LOAN FAITHを利用できるかもしれない」といったことが分かるのです。

MyJCB(マイジェーシービー)

オンライン会員サービスです。登録しておくことで、ネット上から様々な手続きが利用できます。また、MyJCBを利用することでプライバシーが守られるというメリットも有ります。

MyJCBの登録、利用ともに完全無料です。JCB CARD LOAN FAITHに登録時に特に指定しなければ、自動的に登録することになるので、利用したい場合には特に手続きなどが必要になることはありません。

WEB明細サービス「MyJチェック」

今まではカードの利用があると、「カードご利用代金明細書」が郵送されていましたが、MyJCB上で利用明細書が確認できるようになりました。業者としても明細書の発行と郵送はコストがかかりますし、利用者としても家族に利用が発覚するリスクがあったのです。

振り込み内容が確定した場合には、利用者のEメールアドレスに連絡があります。郵送よりも早く代金をMyJCBで確認できます。たとえば、不正利用の発覚スピードも格段に早くなるサービスなのです。

※WEB明細化サービスを利用することで紙の消費が抑えられ、環境保護に役立つ、といったメリットも有ります。
※紙の明細が必要になった場合は、MyJCBの明細ページに訪問して「融資ご利用内容のお知らせダウンロード」をチェックして下さい。ダウンロードしたもの(PDFファイル)をプリントアウトすれば、紙の明細として利用できます。

「融資ご利用内容のお知らせ」WEB化サービス

明細サービスは原則的にインターネットに比重をおいていますが、「融資ご利用内容のお知らせ」に関しては書面サービスを利用しています。

しかし、こちらもMyJCBを利用することで発行をストップできるのです。「融資ご利用内容のお知らせ」WEB化サービスに登録できれば、書面での案内を停止してくれます。

「融資ご利用内容のお知らせ」WEB化サービスの登録方法
  • 「融資ご利用内容のお知らせ」WEB化サービスの紹介ページへ訪問
  • 「今すぐ登録」をクリック
  • MyJCBへログイン
  • 『「融資ご利用内容のお知らせ」WEB化のご登録について』を確認する
  • 注意事項を了承して「次へ進む」をクリック
  • 登録確認の内容が示されるのでチェック
  • 「登録」をクリック
  • 登録完了

JCBローンカードデスク

様々な相談や各種手続きなどを電話で対応してもらえます。固定電話だけでなくスマートフォンや携帯電話からも利用可能です。

JCBローンカードデスクの情報
  • 電話番号・・・フリーダイヤル0120-16-5140
  • 受付時間・・・平日午前9時から午後5時まで
  • 土・日・祝日・年末年始・・・休業

株式会社ジェーシービー

JCB CARD LOAN FAITHは、株式会社ジェーシービーのサービスブランドの一つです。申し込み方法が簡略化されており、利用方法もシンプルです。しかも、年率はカードローンとしては低めに設定されており、顧客ニーズに応えているサービスを実施しているわけです。ただし、契約時に郵送をしなければいけないなど、利用するには一定の手間がかかります。

株式会社ジェーシービーの設立は、1961年の1月です。現在の社員数は時給制契約社員も含めると4,000名を突破しており、年間取扱額は22兆円(2014年度)を突破しています。経営も順調で、2014年度においては、営業利益が2,534億円、当期純利益が228億円となっています。

※期間が記載されていない情報は、2015年3月現在のものです。

主な業務は下記の通りで手広く行っています。

  • クレジットカード業務
  • クレジットカード業務に関する各種受託業務
  • 融資業務(JCB CARD LOAN FAITHなど)
  • 信用保証業務
  • 集金代行業務
  • 前払式支払手段の発行ならびに販売業およびその代行業

子会社は国内外に数多くあり、国内では株式会社ジェーシービー・サービス、株式会社ジェーシービー・インターナショナル、株式会社日本カードネットワーク、株式会社ジェイエムエス、株式会社JCBエクセがあります。海外にも幾つもの子会社を展開しています。

JCBの会員数と取り扱い契約件数
  • 国内の会員数・・・6,949万人
  • 海外の会員数・・・2,008万人
  • 国内の取り扱い店契約数・・・901万件
  • 海外の取り扱い店件数・・・・1,955万件

※2015年3月現在

近年では特に海外に力を入れており、JCBカードが世界でも利用しやすくなるように展開しています。

ブランドメッセージ

株式会社ジェーシービーでは、ブランドメッセージを発信しています。

「世界にひとつ。あなたにひとつ。」

これがブランドメッセージとなっているわけですが、この言葉には「お客さま志向」そして「日本的」といったものを含んでいるとのことです。

お客さまを思ったサービスの実施を推し進めます。さらに、日本で唯一の国際ブランドである、といったことは「JCB」の誇りでもありアイデンティティでもあるわけです。

協賛活動

大ブランドであるJCBは、各種協賛にも積極的に取り組んでいます。各種テーマパークやスポーツなどに対しても協賛活動を実施しています。

協賛例
  • 東京ディズニーリゾート:オフィシャルスポンサー
  • ユニバーサル・スタジオ・ジャパン:オフィシャル・マーケティング・パートナー
  • キッザニア東京・キッザニア甲子園:オフィシャルスポンサー
  • Jリーグ:トップパートナー
  • 中国LPGA(レディス・プロフェッショナル・ゴルフ・アソシエイション)ツアー:ストラテジックパートナー

社会貢献活動

JCBでは各種社会貢献活動を行っています。

東日本大震災復興支援活動

JCBホームページにて義援金受付を実施していました。その金額は、1億7,000万円弱となり、さらにJCB自身も3,000万円の支援を実施しています。

震災によって両親を亡くした子供に対する支援も実施中です。「公益信託JCB東日本大震災に負けない子どもたちの未来を応援する基金」しており、多くの方からの寄付をしてもらっている状況です。

災害支援活動

日本国内だけでなく、海外の支援活動も行っています。災害義援金を寄付する、といった活動を実施しているのです。

2013年の11月に発生したフィリピンにおける台風被害では1,000万円を寄付しました。その結果、国から紫綬褒章が授与される、といった名誉を得たのです。

クレジットカードのポイントによる社会貢献活動

JCBカードでは、OkiDokiポイントと呼ばれるものがついてきます(JCB CARD LOAN FAITHにはポイントサービスはありません)。利用したらポイントが加算されるわけですが、商品などと交換できるわけです。

ポイントの交換先に「ポイントチャリティーコース」を設定しています。ポイントを通じての寄付を行っているのです。

ポイントチャリティーコースの実績
  • 2013年度の寄付額・・・1,100万円以上
  • 2006年4月から2014年11月までの累計額・・・2億円以上

社員による社会貢献活動

すべての役職員が年1回以上社会貢献活動に参加しています。子育て支援や震災支援、高齢者施設の手伝いと言った者の中から、自身が行っていたいものを選び実際に行うのです。

収集活動に関しても、社員が積極的に参加しています。

  • ペットボトルキャップ
  • 使用済み切手
  • カレンダーや手帳
  • 不要な書籍・CD・ビデオ・DVD

これらを社内で収集して各種NGOなどに寄贈して活用してもらうのです。

他にも下記の活動にも積極的に取り組んでいます。

  • 港区社会貢献ネットワーク「みなとネット」に参加
  • 地域清掃活動に参加
  • 施設提供による地域貢献活動




一つ前のページに戻る

トップページへ戻る




更新日:2017/01/20

このページの先頭へ